しすいの歩き方〜ハイキングで巡る酒々井の双体道祖神〜  
お問合せ[メール] サイトマップ
ホームへ
しすいの歩き方
イベント情報
お得な情報・プレゼント
おもしろレシピ
お便りコーナー
町名の由来
いろいろリンク
 
酒々井町商工会

千葉県印旛郡
酒々井町
酒々井1659-1

電話:043(496)0063
mail:info@shisui.or.jp
イベント情報

2.梅酒









●材料
  • 梅1.0kg〜1.5kg
  • 氷砂糖1kg
  • ホワイトリカー1.8L〜2.0L
 
●調理方法
  • 収穫、または購入した梅のへたを綺麗に取り除きます。
  • 傷を付けないように丁寧に水洗いし、青梅は5時間程度。黄みがかった梅は2時間程度。黄みがかった南高梅は1時間程度水につけ、あくを抜きます。(※傷が付くと、梅酒を付けている間に中身が飛び出てきてしまう可能性があります。)
  • あくを抜いた梅を完全に乾くまで乾燥させます。
  • 完全に乾燥した梅と、綺麗に洗浄をし、完全に乾燥させた容器を用意し、容器の中に梅を入れます。
  • その後ホワイトリカー(好みの応じてブランデーなどでも可能です。※ただしアルコール度数35度以上のお酒を使用してください)を全て注ぎます。
  • ホワイトリカーを注いだ容器の中に氷砂糖1kgを入れます。
  • 作業が完了した梅酒は、そのまま冷暗所に保存し、熟成されるのを待ちます。
  • 半年〜1年程度経過すると完成となります。1年後程度が一番の飲み頃となります。一番下の画像は作業後1週間程度経過した梅酒です。氷砂糖がかなり溶けており、梅もしわしわになりつつあります。

レシピの一覧に戻る